セラミド保湿力

 

セラミドがしっかりと存在するお肌は感想を起こしません。
毎日保湿成分のきちんと入った美容液を使っているのに乾燥してしまうという方が増えています。

 

これは強力な保湿力を持ったセラミド配合の化粧品では無いことが鍵といえます。
セラミドとは、肌の1番外側にある角層の細胞と細胞の隙間をしっかりうめている角質細胞間脂質の1種です。

 

このセラミドをいったんなくしてしまうと、
角層の水分量は半分以上も低下します。
肌の水分をキープするために、いちばん重要とされる保湿物質がセラミドだといえます。

 

 

セラミドは、脂質なので水に溶ける事はありませんが、
水と合体してしまい、ラメラ構造と呼ばれるミルフィーユ形態のそう作ります。

 

このラメラ構造に取り込まれた水分は、
湿度が全くなくなってしまっても今日はすることはありません。

 

最も大切とされる保湿成分と言われるのはこのためです。
要するに、肌の中に十分なセラミドが存在していれば、
冬の乾燥する野外でもぷるぷるの肌を保てるということになります。

 

 

各層に含まれるセラミドの量が1番多いのは生まれたばかりの頃です。
年齢が高くなってくるにつれてどんどんと減っていきます。
加齢のほか睡眠不足、ストレスなどもセラミド不足の原因になってきます。

 

セラミドは、ターンオーバーとともに表皮細胞の中で作られているため、
老化で代謝が悪くなってくると、セラミドの量も減っていくと言うことになります。

 

そうすると肌そのものの水分量も同時に減って行くことになります。
年齢を重ねるとともに肌が乾燥しやすくなる理由はこういうことにあります。

 

関連ページ

間違った保湿ケア
間違った保湿ケアについて
セラミド化粧品の選び方
セラミド化粧品の選び方について